The following documentation was deprecated. Current version is available at developers.xsolla.com

Xsolla データポータル Powered by Slemma

デモのガイドは、こちらをご覧ください。 パブリッシャーアカウントで独自の支払い分析を有効にする際に、これらのレポートをどのように使用できるかを理解するのに役立ちます。 以下は、ダッシュボードの読み方、それぞれのコンテンツの説明、さまざまなメトリックディメンションの定義、FAQの一覧です。 ご不明な点等ございましたら、dataportal@xsolla.comまでお問い合わせください!

ダッシュボード

ダッシュボードには、特定のトピックについての洞察を提供するチャートとグラフが含まれています。 それぞれがお客様の会社の色々な部分への認識を深ることや、データ主導の決断を行うのに役立ちます。

Overview dashboard Banks issued user credit cards Revenue single values and trends charts Payment methods groups columns and heatmap Paying users charts Revenue by currencies Credit cards conversion rate Payment cancellations reasons Paying users by operating systems Countries bubble chart Credit cards insights Payment systems conversion

フィルター

各ダッシュボードには、上部にいくつかのフィルタがあり、多くのディメンションを通じてデータをフィルタリングできます。 これらのフィルタを使用するには、1つを選択し、データを制限したいディメンションのボックスをオンにします。 たとえば、User Country(ユーザーの国)フィルターで、United States(米国)を選択すると、ダッシュボードのデータには、United Statesに所在するユーザーのもののみが含まれます。 ホバリング時にフィルター名の右にある3つの点を押すと、「除外」に切り替えることができます。これらのフィルタを利用して、ゲームのデータを詳しく調べましょう。

単一価値成長指標

成長指標は、表示されているメトリックの現在のステータスと同じ長さの前期間のステータスを比較します。 緑色の上向きの矢印は前の期間からの上昇を示し、赤色の下向きの矢印は低下を示します。

選択された期間の単一価値

指定期間の集計のみを表示する一部の値とは異なり、これらの値は、 Date (日付)フィルタで設定された時間の長さに基づいて調整されます。 このフィルタを使用して、ダッシュボードの集計期間を変更します。これらの値も同様に調整されます。

一日の平均値

通常の単一値とは対照的に、期間の増加しても、1日の平均値は増加しません。 例えば、ARPPU(有料ユーザー当たりの平均収益)は、同じユーザーが繰り返し支払いを行うため、期間が増えると共に上昇します。 毎日の有料ユーザーによる平均収益(ARPPDAU)は、決済の合計や有料ユーザーの合計ではなく、その期間中の一日の平均全てから平均を計算するため、上昇しません。

週、月単位の集計

Date(日付)フィルタを使用して特定の期間(4週間など)を選択すると、データは週単位でセグメント化されて表示され、4つ表示されます。 これらの週単位の集計は、日単位のグラフに表示される毎日の平均のすべてから計算した平均ではなく、その週のすべてのアクティビティが含まれます、

並行期間

並列期間グラフを使用して、傾向分析を行うことができます。X軸に日が表示されている場合、28日前の行は28日前に記録された値になります。 14日前や7日前も同様です。ラインが明るくなるほど、期間が長くなります。

移動平均

移動平均も傾向分析を行うのに便利です。計算に使用された時間枠がメトリック名で表示されます。 時間枠が長くなるとボラティリティが低下し、期間の全体的な傾向が示されます。当社では、単純な移動平均を使用しています。

チャートをExcelにダウンロード

必要に応じて、チャートから直接データをダウンロードできます。 チャートを右クリックするだけで、データをCSV、XLSとして、プレゼンテーションで使用するためにPNG形式でダウンロードできます。

概要(デモ)

「概要」ダッシュボードにはゲーム用のKPIが含まれているので、日常の分析やオフィスのテレビに表示するのに最適です。 Gross Revenue(総収益)、 Payments(決済)、Paying Users(有料ユーザー)、 ARPPU(有料ユーザーあたりの平均収益)、 Paid Invoices(決済済み請求書)、そして Average Payment Amount(平均決済額)を含みます。

ゲーム(デモ)

ゲームダッシュボードは、さまざまなゲームのさまざまな決済状況を分析できるように構築されています。 メトリックは標準フィルターの横に配置されているため、作業の優先順位を決めることができ、プロジェクト間の相違点を理解するのに便利です。

決済システム(デモ)

ユーザーの支払い方法を理解することは、理由を知ることと同じくらい貴重です。 このダッシュボードは、支払人のさまざまなサブグループがどのように支払うかを理解するのに役立ちます。最も人気のある決済システムを最も便利に表示してサイトを最適化することができます。

クレジットカード(デモ)

クレジットカードのダッシュボードは、クレジットカードからの決済データに専用です。 コンバージョンや拒否理由、Xsollaに後でゲームを購入するために決済データを保存するように依頼したユーザーの数などを分析します。

収益 (デモ)

収益ダッシュボードでは、傾向分析を複数の方法で実行できます。 このダッシュボードには、並行期間、移動平均、および成長チャートが含まれています。これらのチャートは、データの傾向を理解するのに役立ちます。 また、通貨シートも含まれているため、運営中の地域の通貨をすべて提供していることを確認できます。

有料ユーザー(デモ)

支払いユーザーのダッシュボードは、Revenue(収益)の特性を理解するのに役立ちます。 Revenue(収益)が増加した場合、新しいユーザーがPaying Users(有料ユーザー)になったか、Existing Paying Users(既存の有料のユーザー)の支払額が増えたかなどを確認することができます。

ARPPU (デモ)

有料ユーザーあたりの平均収益は、ユーザーのお金の使い方を調べるのに便利です。 このダッシュボードには、1日あたりのアクティブ有料ユーザーからの平均収益の値も含まれています。 これは1人のユーザーが複数の支払いを行っても、時間の経過とともに増加することはありません。

仮想通貨(デモ)

仮想通貨ダッシュボードには、ゲーム通貨を購入したユーザーの数が表示されます。 また、使用済みゲーム通貨のゲーム内データをアップロードしたり、比較ダッシュボードを作成したり、ゲーム内経済の健全性を確認したりすることもできます。

地理(デモ)

地理ダッシュボードは、ユーザーの場所に応じて、ユーザーのお金の使い方を分析するのに役立ちます。 各シートは、Countries(国)、Regions(地域)、Languages(言語)、 Business Regions(ビジネス地域)、 Timezones(タイムゾーン)などの異なるグループ分けで区分されます。

デバイス(デモ)

[デバイス]のダッシュボードには、ユーザーのフロントエンド操作に関する情報が含まれています。 この情報を使用して、最も適切なデバイス用にサイトを最適化し、最も一般的なブラウザで動作することを確認することができます。

キャンセル(デモ)

キャンセルのダッシュボードでは、ゲーム内の不正行為を追跡することができます。 概要シートには、キャンセルの件数がCancellation Date(キャンセル日)、Payment Date(決済日)、割合、そして地理的に表示されます。 理由のシートには、それぞれのキャンセルの理由の分布を確認する機能があります。

Xsolla データセット

定義済みのダッシュボードはすごいけれど、独自のダッシュボードを作成したい場合はどうすればよいですか?提供されたXsollaデータセットでできます! データを使ってSlemmaアカウントでダッシュボードを無制限に作成することができます。ディメンションとメジャーのいずれかを使用してチャートを作成してください。

ディメンション

ディメンションでデータを区切られています。これらはそれぞれ値ではありませんが、特定のカテゴリの値です。 フィルタを使用するたびに、データのディメンションでフィルタリングされます。 ディメンションの例は、 Country(国)、Credit Card Type(クレジットカードの種類)、 Date(日付)などです。

グループ Name 説明文
DateTime Date すべてのチャートの既定の日付は、UTCタイムゾーンです。この日付は、最新決済状況の更新(請求書、支払い、キャンセル)に基づいています。例:支払いとキャンセルのカウントを1つのタイムラインに追加する場合は、支払日とキャンセル日を合計してキャンセル日に集計されます。
DateTime Invoice Date UTCタイムゾーンでの請求書の日付。
DateTime Payment Date UTCタイムゾーンでの支払い確認の日付。この日付は完了した支払いにのみ使用でき、未払いの請求書には使用できません。
DateTime Cancellation Date UTCタイムゾーンでの支払いキャンセルの日付。この日付は、キャンセルされた支払いのみに利用可能です。
Projects Project プロジェクトIDとプロジェクト名
Payment System Payment System Group 決済システムのグループ。 例、Cash PaymentsBank Transfer
Payment System Payment System 決済システムのIDと名前。例、 24。Paypal, 57。PaySafeCard
Geography User Country Xsollaシステムによって検出されたユーザーの国。この国が一番正確で完全です。このルックアップには、ユーザーIP、携帯電話会社の国、クレジットカード発行国およびその他の属性が使用されます。この国は、付加価値税の計算のための国選択で内部的に使用されます。
Geography Language 言語2文字コード、例、ENPTRU
Geography IP Address Geography IPアドレスのルックアップに基づくユーザーの位置。この階層には、RegionCountryからCountry Subdivision and City までの正確な地理情報が含まれています。
Geography Timezone ユーザーのIPアドレスに基づいて検出されたユーザーのタイムゾーン。例、Europe/ BerlinAmerica/ Chicago
Geography Business Region User Country(ユーザーの国)のビジネス地域。例、 European UnionLatin America
Geography Payment System Country 決算システムが制作された国
Geography Issuing Bank Country ユーザーのカードを発行した銀行ある国
Currencies Payment Currency ユーザーの支払いに使用される通貨(3文字コード)。 例、USDEUR
Currencies Payout Currency 協定銀行の口座への送金に使用される通貨の3文字コード。 例、USDEUR
Purchase Purchase Type この支払いに使用されるXsollaモジュール、例、Virtual ItemsVirtual Currency
Purchase Is First Payment 現在のユーザーの最初の決済であればTrue、そうでない場合はfalse
Credit Cards Is Credit Card クレジットカードによる支払いの場合はTrue、そうでない場合はfalse
Credit Cards Issuing Bank 銀行発行のユーザークレジットカード
Credit Cards Credit Card Brand 例、 VISA, MasterCard
Credit Cards Credit Card Type 例、 CREDIT, DEBIT
Credit Cards Credit Card Category 例、 CLASSICGOLDPLATINUM
Credit Cards Is Payment Account Saved ユーザーがXsollaに決済システムアカウントの資格情報を保存するよう要求した場合はTrue、それ以外の場合はfalse
Credit Cards Is Payment From Saved Account 以前にXsollaシステムに保存されたアカウント認証情報から支払いが行われた場合はTrue、それ以外の場合はfalse
Credit Cards Is Credit Card Rejected クレジットカードが決済処理から拒否された場合はTrue、それ以外の場合はfalseです。拒否理由は、Credit Card Reject Reason(クレジットカード拒否理由)ディメンションで確認できます
Credit Cards Credit Card Reject Reason 例、 Insufficient FundsDid not pass validation 3D-secure
Recurring Payments Is Recurrent Plan Created 定期購入(サブスクリプション)が決済から作成された場合はTrue、それ以外の場合はfalse
Recurring Payments Is Recurrent Payment 定期購入(サブスクリプション)のためにカードが再請求された場合はTrue、それ以外の場合はfalse
User Agent OS ユーザー端末オペレーティングシステム、例、Windows8MacOSAndroid
User Agent Browser ユーザーブラウザ、例、FirefoxChrome Mobile
User Agent Device ユーザーの携帯端末のモデル、例、IPhoneNokia Lumia
User Agent Screen Size ユーザーデバイスの画面サイズ解像度
User Agent UI 支払いに使用されるXsollaユーザーインターフェース、例、PayStationSmartphone Version
Developers Payment Notification Delivery XSolla側での決済処理時間の長さ。 例、1-3秒1-10分
Developers Payment System Delay 決済システム側の決済処理時間の長さ。 例、1-3秒1-10分
Developers Payment Flow 合計決済処理時間。 例、1-3秒1-10分
Cancellations Is Cancelled 支払いがキャンセルされた場合はTrue、そうでない場合はfalse。キャンセル理由はCancellation Type(キャンセルの種類)ディメンションで確認できます
Cancellations Cancellation Type 取引キャンセルの理由。例、RefundChargeback

メジャー

メジャーは、ディメンションとは対照的に、実際にグラフ上にグラフ化された値です。 メジャーの例は、Revenue(収益)、 Paying Users(有料ユーザー)、Conversion(コンバージョン)、Average Payments Amount(平均決済額)です。

グループ Name 説明文
Measures Revenue 成功したユーザーのPayment(決済)の金額手数料控除前の合計。金額は、プロジェクト通知日に為替レートでメトリックの通貨に換算されます。
Measures Average Payment Amount Revenue(収益)を Payments(決済)カウントで割ったもの
Measures Gross Revenue 同期間のCancellations Revenue(キャンセルの収益)を除いたRevenue(収益)の収入額
Measures Payments 完了した決済の合計数。将来の期間に決済がキャンセルされることがあります
Measures Virtual Currency Amount 仮想通貨を購入した金額。Virtual Currency統合モードで利用可能
Measures ARPPU 有料ユーザーあたりの平均収益:Revenue(収益)をPaying Users(有料ユーザー)数で割った数。週別または月別の集計を使用すると、一期間中に1人のユーザーが複数のPayments(決済)を行う可能性があるため、 ARPPU が大幅に増加します
Measures Payments per Paying User Payment(決済)の合計数をユニークPaying users(有料ユーザー)数で割った値。週別および月別の集計で決済頻度分析を行うのに役立ちます
Conversion Invoices 作成された請求書の合計数
Conversion Users Invoice(請求書)が作成されたユーザーの総数。支払いを完了しなかったユーザーも含まれます。
Measures Paying Users 対象期間内にPayment(決済)を少なくとも1回行ったユニークユーザーの数
Conversion Paying Users Percent 請求書が作成されたユーザーの総数に応じて決済を完了したユーザーの割合。 Paying Users Percent(有料ユーザー率)は、実際に決済を行う前にいくつかの決済オプションを試すことができるため、Paid Invoices Percent(支払い済み請求書率)と比べて、より正確なコンバージョンメトリックです
Conversion Paid Invoices Percent Invoice(請求書)の合計数に基づく支払済みのPayment(決済)の割合
Conversion Churn Users 請求書を作成したが支払わなかったユーザーの数
Conversion Churn Users Percent 請求書を作成したが支払わなかったユーザーの割合
Conversion Unpaid Invoices ユーザが決済を行わず、決済システムによって確認されなかった請求書の数
Conversion Unpaid Invoices Percent 請求書の合計数に基づくUnpaid Invoices(未払い請求書)の割合
Conversion New Paying Users 現在の期間に最初の支払いを行ったユニークなPaying Users(有料ユーザー)の数
Conversion New Paying Users Percent Paying Users(有料ユーザー)の合計数によるNew Paying Users(新規有料ユーザー)の割合
Conversion Existing Paying Users 2回目以降の支払いを完了したユニークPaying Users(有料ユーザー)の数
Cancellations Cancellations 返金またはキャンセルされたPayments(決済)の数
Cancellations Cancellations Percent Payments(決済)の合計に対するCancellation(キャンセル)の割合。
Cancellations Cancellations Revenue キャンセルされたPayments(決済)の金額。
Cancellations Cancellations Revenue Percent Revenue(収益)の合計に対するCencellation Revenue(キャンセル収益)の割合。
Developers Payment Notification Delivery, Seconds XSolla側の決済処理時間
Developers Payment System Delay, Seconds 決済システム側の決済処理時間
Developers Payment Flow, Seconds 決済処理の合計時間

メジャーはさまざまな方法で集計できます。ダッシュボードを表示する際に表示される集計の各タイプの説明は次のとおりです。

------------------ | ------------------------------------------------------------------------------ Count | 追跡されたイベントの発生数。 Invoices(請求書)や Paying Users(有料ユーザー)などの既定。 Sum | 追跡中のイベントに関連付けられている数値の総計。Gross Revenue(総収益)や Virtual Currency Amount(仮想通貨金額)などの既定。 Average | メジャーの平均値。 Sum(総計)を使用する必要がないので、割合などのメジャーに使用されます。Average Payment Amount(平均決済額)や Churn Users Percent(ユーザー変動率)などの既定。 Maximum | メジャーで発生した最高値。 Minimum | メジャーに発生した最小値。

よくある質問

Q. 費用はどのくらいかかりますか?

A Xsollaのお客様は無料で利用できます。


Q. アカウントのデータポータルはどのようにして有効にできますか?

A。支払いが完了したアクティブなプロジェクトが必要です。パブリッシャ―アカウントでデータポータルを有効にすることができます


Q. データはどの通貨で表示されますか?

A. 3種類の通貨が利用可能です:米ドル、ユーロ、ロシアルーブル。決済通貨でデータをフィルタリングするオプションもあります。


Q.自分のデータをSlemanaにアップロードする方法を教えてください。

A. 追加のデータをアップロードするには、例えば、コンピュータまたはクラウドストレージからファイルをアップロードする方法や、 データベースに直接接続する方法などがあります。詳細は、Slemmaの知識ベースをご覧ください。

<!--*

Q. 自分のゲーム内データでレポートを拡張するオプションはありますか?

A. はい。当社では、ゲーム分析のための特別なソリューションを提供しております。Xsolla Analytics APIで詳細をご覧ください →


Q. 自分のデータのプライバシーとセキュリティーが心配です。

A. 安全なXsollaデータウェアハウス内のすべてのデータは、Amazon Web Serviceの独立したプライベートクラウドに格納されます。 ウェアハウス内外に転送されるすべてのデータは、TLS暗号化接続を介して送信されます。 未払いの支払いデータはSlemmaでは利用できません。個人ユーザー情報のない集計データのみが利用可能です。 当社ではデータを守るために、最小限の特権、ファイアウォール、暗号化、その他の技術的および運用上のアプローチを適用しました。


Q.このアナリティックには、パブリッシャ―アカウントで利用できるデータがありません。 Slemmaでどうやって得ることができますか?

A。Eメールdataportal@xsolla.comで機能リクエストを送信してください


Q. Slemmaからデータをダウンロードすることはできますか?

A. オブジェクトを右クリックしてファイルタイプを選択することで、チャートとそのデータをSlemanaから さまざまな形式でダウンロードできます。ダッシュボード全体をPDFおよびPNG形式でダウンロードすることもできます。 生データが必要な場合は、Xsolla Reports APIを使用できます


Q.この分析を検証レポートまたは財務報告に使用できますか?

A いいえ。データは、日間平均為替レートを使用しているため、100%正確ではない可能性があります。


Q. データはどのくらいの頻度で更新されますか?

A. データは毎日午前2時(UTC)に更新されます


Q. メトリックはどれくらい正確ですか?

A. データウェアハウスに保存されている生データから、すべてのメトリックを即座に取得します。 このアプローチでは、グループ化とフィルタリングの組み合わせ(特に、Paying Users(有料ユーザー)やAverage Payment Amount(平均決済額)などの個数と平均メトリック )を使用して、メトリックの精度を保証します。 ただし、支払金額を毎日の平均為替レートで異なる通貨に換算し、 2桁に丸めた結果の値に適用するため、完全に正確な財務データは提供されません。 ただし、最終的な差が0.01ドル以上になることはめったにありません。


Q. Slemmaとアナリティクスのパブリッシャ―アカウントが異なる数字を表示しています。何でですか?

A. SlemmaのデータはUTCタイムゾーンで、パブリッシャ―アカウントのデータはUTC + 3タイムゾーンです。将来、この動作を変更し、すべてのデータをUTCのタイムゾーンで表示する予定です。


Q.他のユーザーをコラボレーションに招待するにはどうすればよいですか?

A.パブリッシャーアカウントでアナリティクスを有効にすると、 招待するチームのメンバー(既定はすべてのメンバー)を選択できます。Slemmaにログインすると、 ユーザーとグループの設定で新しいユーザーを招待できます。


Q. 自分のレポートを作成できますか?

A.はい、もちろんできます!


Q. Slemmaはどの様なチーム機能を提供していますか?

A. ダッシュボード、コメント、注釈、許可制御、ダッシュボード自動配信のチーム共有。


Q. Slemmaについて別の質問があります...

A. Slemmaの左下にある「ここをクリックしてヘルプを表示する」ウィジェットを使用して、知識ベースにアクセスしたり、 同じウィジェットでサポートにお問い合わせください。


Q.複数のxsollaパブリッシャーアカウントをどうやってSlemmaでリンクできますか?

A.dataportal@xsolla.comまで、お問い合わせください。


Q.この一覧に私の質問が見つかりませんでした...

A.ご質問はdataportal@xsolla.comまで、お気軽にお問い合わせください